ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

小中一貫教育

教育委員会
教育活動・取組
子ども達の頑張り
学校保健
市立こども園情報
市立幼稚園情報
市立学校情報
各種手続
教育相談
生涯学習

教育長室から

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月3日更新

教育長室から


教育長の写真

「福山100NEN教育」の推進を基本理念とした,第二次福山市教育振興基本計画を策定し,本年度からその取組をスタートさせました。「持続可能なまちづくりを担う人材を育成する」という観点で,学校教育を中心に,就学前教育,生涯学習・社会教育,文化財を基本目標として,取り組んでまいります。

学校教育においては「福山に愛着と誇りを持ち,変化の激しい社会をたくましく生きる子どもを育てる」ことを目的とし,子どもたちに,知識や技能はもとより,課題発見・解決力,挑戦する力,粘り強さや忍耐力,コミュニケーション能力,思いやり・やさしさ・助け合いの心,いわゆるローズマインドなどの21世紀型“スキル&倫理観”を育み,日常の様々な場面で行動化できる確かな学びづくりに取り組みます。市内公立小中学校では,多くの市民の皆さんのご理解とご協力をいただきながら、昨年度から原則毎月第3木曜日午後を全教職員一斉研修日とし,授業づくりに係る研修を行っているところであり,引き続き,指導力向上に努めてまいります。

また,小中一貫教育の着実な推進とともに,学校再編による望ましい教育環境と義務教育学校の整備など,教育環境の充実に向け取り組んでまいります。 

 就学前教育においては,2018年(平成30年)4月開園に向けて,「福山市立大学附属認定こども園」の教育内容づくり,施設整備を本格化させてまいります。

生涯学習においては,市民一人ひとりが生涯を通じた学びの成果を地域で活かせるよう,仕事などで培った知識や技術を生かして社会貢献活動をしたい人と市民活動団体のニーズをつなぐ「福山市まちづくり人財バンク」に取り組みます。

文化財においては,それぞれの時代に地域の人が,守り,伝えてきた貴重な文化遺産を活かした地域づくりを進めるために,文化財保護行政の基本的なマスタープランとなる「福山市歴史文化基本構想」を策定します。

「福山100NEN教育」が描く未来は,変化の激しい社会の中で,「子どもたちは,自分の夢の実現に向けて,ローズマインドを胸に,福山で,日本で,世界で,たくましく生きている。そして,現代社会の様々な問題を自らの課題としてとらえ,それらの課題解決のために,様々な人々と協働して,持続可能な社会を創造している。我々大人は,生涯にわたって学び続けて自己の能力と可能性を高め,その成果を活かして,まちづくりに参画するとともに,次代を担う子どもたちを育てている。」という姿です。

「福山100NEN教育」の推進のため,市民の皆さんと一丸となり,全力で取り組んでまいります。

皆さんのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

2017年(平成29年)4月

    三好 雅章

教育長が,ラジオ 「ママラジ」に出演中!

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る