ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
広報ふくやまの表紙

広報ふくやま2021年7月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


広報ID:226139印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月1日更新
暮らしの情報

かかりつけ医をつくりましょう

内容

  かかりつけ医とは病気や健康などについて,何でも相談ができる「身近で頼りになるお医者さん」です。


 普段から体調を把握してくれているかかりつけ医がいれば,体調が悪くなったときにそれが重大な

 病気の可能性があるかなど適切に判断してもらえます。

 


 ●受診のときに気を付けておくこと

 お薬手帳を見れば病歴が分かるので,必ず持参して受診しましょう。

 病院ごとに何冊もある人は,1冊にまとめましょう。

 また他の病院の検査結果などもお薬手帳に入れて持って行けば,不要な検査を避けることができ

 負担も軽くなります。 


 ●時間内受診に努めましょう 

 特に子どもの場合は急な容態の変化があり,夜間や休日に受診をすべきかどうか迷う人が多くいます。

 「休日当番の医療機関に行ったけど患者が多く,受診できなかった」「体調が悪い中,待ち時間が長かった」

 などの声も寄せられています。

 普段からかかりつけ医の先生に,どういう症状の場合に休日や夜間に受診をすべきか子どもの普段の状況を

 踏まえ,あらかじめ相談しておくことが安心につながります。

 また急な相談は子どもの救急電話相談(#8000)などの利用も便利です。

 市では「(保存版)子育て世帯の新・常識」を作成し,休日や夜間の急病対応について市ホームページに

 掲載しているので活用してください。

 

医者と患者

手話通訳/要約筆記の有無:

 

このページに関するお問い合わせ先

福山市保健所総務課
084-928-1164