ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広報ふくやまポータルサイトトップ > 広報ふくやま2022年11月号 > 「暮らしのレスキューサービス」のトラブルに注意
広報ふくやまの表紙

広報ふくやま2022年11月号

マチイロ

広報「ふくやま」は、スマートフォンのアプリケーション「マチイロ」でも読むことができます。

下のロゴをクリックすると、ダウンロードページ(外部リンク)に遷移します。


広報ID:274149印刷用ページを表示する 掲載日:2022年11月1日更新
なるほど知っ得情報!

「暮らしのレスキューサービス」のトラブルに注意

トラブル事例

 外出先で家の鍵を落としてしまった。スマホで検索して「開錠8,000円から」と広告している業者を見つけて連絡した。到着した業者に料金を確認すると「5万円程度だろう」と言われた。仕方なく作業を頼んだが、作業後に15万円請求されて支払ってしまった。

暮らしのレスキューサービストラブルの画像

相談員のアドバイス

 低価格の広告表示を見て業者を呼び、作業後に高額請求を受けたというトラブルがあります。開錠のほかトイレのつまり修理や害虫駆除など「暮らしのレスキューサービス」に関する相談もあります。請求額に納得できない場合は「後日納得した金額を支払う」と伝えましょう。広告などの表示額と実際の請求額が大きく異なる場合は、訪問販売によるクーリングオフができます。日頃から信頼できる業者を探しておくと安心です。

手話通訳/要約筆記の有無:

 

このページに関するお問い合わせ先

消費生活センター
Tel:084-928-1188