ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ふくやま美術館外観写真
ふくやま美術館 > 世界児童画展 > 第50回世界児童画展

第50回世界児童画展

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月19日更新

第50回 世界児童画展

 

1.概要

​外務大臣賞《おじさんが車でココナッツを売りに行くよ》 コイ・スレイカー 13 歳 カンボジア
​外務大臣賞《おじさんが車でココナッツを売りに行くよ》
コイ・スレイカー 13 歳 カンボジア

内閣総理大臣賞《不思議なマンション》吉田 小春 小2 海老名市 ひなた学童クラブ(神奈川県)
​内閣総理大臣賞《不思議なマンション》吉田 小春 小2
海老名市 ひなた学童クラブ(神奈川県)

ぺんてる賞《きょうりゅうにのってさんぽ》 能宗 澄悠 小1 福山市立春日小学校(広島県)
​ぺんてる賞《きょうりゅうにのってさんぽ》
能宗 澄悠 小1 福山市立春日小学校(広島県)

美育文化協会賞《わたりろう下でばんざい》 前原 千春 小6 福山市立網引小学校(広島県)

美育文化協会賞《わたりろう下でばんざい》
前原 千春 小6 福山市立網引小学校(広島県)


絵を描くことは、世界共通の、自己を主張し表現する手段です。様々な言語の壁を越えて、文字は読めなくても、意味はわからなくても、絵は見る人の心に直接的に語りかけてくれるでしょう。豊かな色と自由な形で表現された、画面の中の子どもたちのメッセージに耳を傾けてみてください。子どもたちの「ねぇ、見て見て!」が作品から聞こえてくるはずです。

世界児童画展は、子どもたちの感性と理性の調和のとれた成長を願い、子どもが自ら創り出す造形文化の推進支援と、国を超えて世界と人々をつなぐ国際相互理解を目的としてきました。作品に込められた世界のさまざまな文化や風土に触れ、国際親善や共に暮らす喜びの芽を育むとともに、世界の美術教育の振興に資するため1970 年より開催し、今回で50 回目となります。

ふくやま美術館も、子どもたちの豊かな感性に触れる場となることを願い、1990 年より本展を継続開催しています。

本展覧会は、2019 年度に募集・審査された作品の中から、世界の優秀作品と国内および広島県内の児童・生徒の秀作を合わせた455点を展示いたします。子どもたちの美しい世界をご覧ください。

2.展覧会詳細

ア.展覧会名

第50回 世界児童画展

イ.期間

2020年8月1日(土)~8月11日(火)
※月曜休館 ただし8月10日(月・祝)は開館、11日(火)は臨時開館

ウ. 開館時間

9時30分~17時00分

エ. 会場

ふくやま美術館 1階ギャラリー、ホール(福山市西町二丁目4番3号)

オ. 観覧料

無料

オ. 主催・後援など

<主催>(公財)ふくやま芸術文化財団 ふくやま美術館/福山市/福山市教育委員会/(公財)美育文化協会
<後援> 読売新聞福山支局
<協力> ぺんてる株式会社

カ.展示内容

《海外作品》

・特別賞(外務大臣賞)=5点
・特別金賞=14点
・金賞~ぺんてる賞=51点  
海外作品計70点

 

《国内作品》
・特別賞
(内閣総理大臣賞)= 1点
(文部科学大臣奨励賞)=4点
(美育文化協会賞)=4点(広島県分含む)
(読売新聞社賞)=4点
(日本美術教育連合賞)=4点
(全国造形教育連盟賞)=4点
(ぺんてる賞)=4点(広島県分含む)

 ・特 選(広島県)=37点
 ・入 選(広島県)=323点   

国内作品計385点
合 計 455点

・メキシコ、パラグアイの子どもたちの作品  約15点

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る