ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

財団について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新
財団について
理事長

                   理事長 あいさつ

公益財団法人ふくやま芸術文化財団は,ふくやま美術館や,ふくやま芸術文化ホール(リーデンローズ),ふくやま文学館,福山城博物館,神辺文化会館,沼隈サンパルなど11施設の管理運営を行い,1987年に財団法人ふくやま美術振興財団として発足して以来30有余年にわたり,福山市,府中市,神石高原町の芸術文化の振興の一翼を担っている組織であります。
 これまで,福山市から管理運営を任されているホールや美術館,博物館などにおける公演,展覧会,催し物や調査研究などを通じ,皆様に歓びや楽しみ,ひいては感動をお届けしてまいりましたが,今後とも,この地域における芸術文化の一層の振興を図るため,単に良質の公演や展覧会などの開催にとどまらず,芸術文化を楽しむ環境・風土を地域に広く深く強く根付かせられるよう,日々の活動に取り組んでいきたいと考えております。

 皆様の格別のご理解とご支援をお願い申し上げます。

 

公益財団法人ふくやま芸術文化財団 理事長 豊田泰久

 

 

 

■ 目 的
 芸術文化の振興と交流・発展を目指した諸事業を行うとともに,芸術文化に関する教育普及活動の推進及び市民交流の場の提供等を図り,もって福山市,府中市及び神石高原町住民の芸術文化の振興と地域社会の健全な発展に貢献することを目的とする。
■ 活 動 内 容
 当財団は、ふくやま美術館,ふくやま芸術文化ホール,福山市神辺文化会館,福山市沼隈サンパル,ふくやま書道美術館,ふくやま文学館,福山城博物館,福寿会館,福山市神辺歴史民俗資料館,菅茶山記念館及び福山市ぬまくま文化館の11の施設を管理運営しています。

■ 定款・財務諸表・事業計画等

  ■ 定款   
     
  ■ 役員名簿  
     
  ■ 事業計画書  
    2019年度
    2020年度
    2021年度
     
  ■ 事業報告書  
    2019年度
    2020年度
     
  ■ 決算書  
    2019年度
    2020年度
     
  ■ 収支予算書  
    2019年度
    2020年度
    2021年度
     
   
  ■ 役員及び評議員の報酬及び費用に関する規程

■ 小中高等学校校長様、美術教諭様
 「ふくやま美術館」、「ふくやま書道美術館」、「ふくやま文学館」、「福山城博物館」、「福山市神辺歴史民俗資料館」、「菅茶山記念館」の特別展示観覧料(入館料)の免除について。
 小中高等学校の児童・生徒及び引率者が、授業の一環として観覧(入館)する場合で、事前に学校長からの免除申請が提出され承認された場合、特別展の観覧料も免除されます。
 下記の「観覧料(入館料)免除申請書」をダウンロードして記入し、申請してください。
 申請書の提出は観覧(入館)する館へ直接提出(郵送)してください。
      観覧料(入館料)減免申請書

      観覧料(入館料)減免申請書(記入例)

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る