ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

水道管の凍結に注意!!

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月21日更新

 水道管の防寒対策

水道管の凍結にはご注意ください。

まず確認すること

 メーターボックスの位置を確認し,止水せんの開閉操作を行い,水が止まるかを確認しておく。

 冬季期間に空家となっている建物の所有者は,止水せんを閉めて水抜きをしておく。

凍りやすい場所

 次のような場所は水道管が凍りやすいので,早めに凍結防止の対策をしてください。

  • 家の北側などで日の当たらない場所
  • 風当たりの強い場所
  • 水道管が露出している(「むき出し」になっている)場所 

凍らないようにするために

凍らないようにするために水道管を保温チューブで巻きましょう

 水道管を市販の保温チューブ・凍結防止帯(ヒーター)でおおい,ビニールテープを巻く。
 (チューブ・凍結防止帯(ヒーター)は,市指定給水装置工事事業者やホームセンターなどで販売しています。)
 または,毛布や布でおおい,ひもでしばり,その上からビニールをかぶせ,テープを巻く。(※毛布や布がぬれると逆効果になるので注意してください。)

凍ってしまったら

熱湯をかけると管が破裂することがあるのでぬるま湯を

 凍った部分にタオルをかぶせ,その上からぬるま湯をゆっくりかける。

【ご注意】
熱湯をかけると管が破裂することがあります。

水道管が破裂したら

水道メーターボックス内の止水せんで水を止めることができます。

 メーターボックスの中にある「止水せん」を閉めて,市指定給水装置工事事業者へ修理を依頼してください。

 なお,凍結被害が発生した場合は,修理依頼が殺到し,修理をするまでに数日を要することがあります。

・​防寒対策のウェブブックはこちらから

市指定給水装置工事事業者(上下水道べんり帳(別冊))はこちらから。

道路上の水漏れを見つけたら

 道路などで,水道の水漏れを発見したら,上下水道局へ連絡してください。水漏れの早期発見にご協力をお願いします。

連絡先・お問い合わせ先

担   当 電話番号
ふくやま上下水道修繕センター (084)928-1523
夜間,土,日,祝日のお問い合わせ

≪夜間・休日受付≫ Tel(084)928-1517