ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市上下水道局 > 福山の上下水道 > 各種計画 > 『福山市上下水道局広報広聴活動戦略』を改定しました

本文

『福山市上下水道局広報広聴活動戦略』を改定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年3月31日更新

福山市上下水道局広報広聴活動戦略

1 改定・策定の主旨
 上下水道事業は,市民生活や社会経済活動に欠くことのできないライフラインであり,継続して事業を行っていく必要があります。しかしながら今後も水道料金・下水道使用料収入の伸びが見込めない一方,老朽化した施設の更新や耐震化に多額の費用を要するなど,厳しい経営環境が続くものと予測しています。
 このような状況の中にあっても,上下水道局では「質の高い上下水道サービスを提供し続け,心の豊かさが実感できるまちの実現に貢献する」ことを基本理念に掲げ,理想の姿である「将来にわたって持続可能な事業経営を行い,市民に信頼される安心・安全でしなやかな上下水道事業」をめざしていくため,2017年(平成29年)2月に『福山市上下水道事業中長期ビジョン(経営戦略)』(以下「ビジョン」という。)を策定しました。
 このたび,ビジョン策定から5年経過し計画期間の折り返しとなるこの時機を捉え,これまでの取組を検証・分析する上で,急速に変化する社会環境に対応するため2022年(令和4年)3月にビジョンを改定しました。
このたび,2022年(令和4年)3月に改定されたビジョンとの整合を図るとともに,福山市上下水道事業経営審議会での答申や市民意識調査の結果等を踏まえ,デジタル化の推進など急速に変化する社会環境に対応すべく本戦略を改定するものです。

2 内容
福山市上下水道局広報広聴活動戦略 [PDFファイル/923KB]

 

福山市上下水道局広報広聴活動戦略実施計画

1 策定の趣旨
 広報広聴活動を戦略的に推進するための指針となる『福山市上下水道局広報広聴活動戦略』(以下「広報広聴活動戦略」という。)の実効性をあげ,より効率的・効果的な広報広聴活動を推進していくため,2017年度(平成29年度)から2021年度(令和3年度)までの5年間の具体的な取組をまとめた『福山市上下水道局広報広聴活動戦略実施計画』(以下「本計画」という。)を2017年(平成29年)3月に策定し,広報広聴活動に取り組んできました。
 このたび,5年にわたる本計画が終了時期を迎えることから,これまで実施してきた取組を分析・検証する中で効果等を評価するとともに,デジタル化の推進など急速に変化する社会環境に対応すべく新たな計画を策定するものです。

2 計画期間
2022年度(令和4年度)~2026年度(令和8年度)の5年間

3 内容
福山市上下水道局広報広聴活動戦略実施計画 [PDFファイル/3.21MB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)