ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

人材育成・人事制度

広報ID:231614印刷用ページを表示する掲載日:2021年8月10日更新

人材育成

福山市では「人材育成基本方針」に基づき,本市の将来を担う職員を育成するため,経験年数や役職等に応じた様々な研修の実施,支援を行っています。

研修制度一覧

 

新採用職員向け人材育成

新採用職員研修

自治体職員としての心構えとして,マナーやコミュニケーションに関する研修を行います。

また,仕事を進めるうえでの基礎知識や「福山を知る」ためのプログラムもあります。 

研修風景

 

チューター制度チューター指導風景

新採用職員が早く職場に慣れ,安心して仕事ができるよう先輩職員が1年間マンツーマンで指導・育成を行います。

また,「OJTノート」を通じて,先輩職員が身近な相談相手となり,精神的な支えとしての役割も果たします。 

庁内インターンシップ

希望する他の職場で一定期間業務を体験できる仕組みです。他部署の業務内容を知ることにより,知識や人脈を広げ自らのキャリアを考える上で参考にすることができます。

倉敷市交流研修

同規模の自治体である倉敷市役所職員との交流研修を実施しています。情報交換や連携を深め,相互に切磋琢磨し,行政課題の発見,課題解決能力の向上を図っています。他の自治体と交流するからこそ得られる発見があります。

派遣研修

多様化するニーズに即した行政サービスを推進できるよう,全国の自治体職員が100人以上集まり意見交換等を行う研修や,国際的視野と識見をもった職員を養成するための海外研修への派遣などを行っています。

資格取得の支援

職員の資格取得を奨励し,事務の能率と市民サービスの向上を図るため,職員の資格試験の受験に係る費用の一部を支援しています。

支援対象資格例

・1級土木施工管理技士

・1級建築施工管理技士

・コンクリート主任技士

・コンクリート診断士

・地すべり防止工事士   など

 

人事制度

キャリアプラン

・3~5年ごと(目安)に部署を異動する人事異動があります。

・性別を問わず,意欲や能力を有する人材を積極的に管理職に登用しています。

昇任順