ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

未支給年金請求

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新

支給要件

 国民年金の年金給付のうち,受給権者が生存中に当然支給されることになっていた年金給付で,受給権者が請求した後死亡して支給を受けなかったとき,または死亡して請求できなかったときは,一定範囲の遺族により請求することができます。

遺族の範囲

 受給権者の死亡当時に受給権者と生計を同じくしていた,配偶者,子,父母,孫,祖父母または兄弟姉妹。


      1親 
              

 子の配偶者,配偶者の父母

     
2親等

       

 孫の配偶者,兄弟姉妹の配偶者,配偶者の兄弟姉妹,配偶者の祖父母

3親等 

 曾孫,曾祖父母,曾孫の配偶者,甥・姪,おじ・おば,甥・姪の配偶者, おじ・おばの配偶者,  配偶者の曾祖父母, 配偶者の甥・姪,配偶者のおじ・おば

支給額

受給権者の死亡された月までの未支給年金額。

申請に必要なもの

受給権者の年金証書,受給権者の死亡の事実を明らかにする書類,戸籍の謄本または抄本,生計同一証明書,請求者の預金通帳など。

申請場所

市役所保険年金課または各支所で申請できる年金の種類は,つぎのとおりです。

(新国民年金法による給付)障害基礎年金・遺族基礎年金・寡婦年金
(旧国民年金法による給付)障害年金・母子年金・準母子年金・遺児年金・寡婦年金

 ※ その他,老齢年金や厚生年金については年金事務所,共済年金については各共済組合,恩給については総務省人事恩給局でのお手続きとなりますので,ご注意ください。