ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保健予防課 > 新型コロナウイルス感染症にかかる通知について (就業制限・入院勧告・保険請求に必要な書類など)

本文

新型コロナウイルス感染症にかかる通知について (就業制限・入院勧告・保険請求に必要な書類など)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年11月30日更新

新型コロナウイルス感染症で陽性と診断された場合は,保健所から次の通知書を送付します。

 

就業制限通知書(全員に送付)

 感染症法第18条第1項及び第2項の規定により,新型コロナウイルス感染症で陽性と診断された場合,療養期間中に一定の業務への就業が制限されることを通知する書類です。

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に基づく感染症患者等の届出及び就業制限について」というタイトルで,療養期間の開始日(=新型コロナ感染症と診断された日)が記載されています。

 

就業制限対象者確認結果通知書(希望者のみに送付)

 新型コロナウイルス感染症による就業制限の対象者ではなくなったことを確認するための書類です。
 就業制限の対象者ではなくなった日と,新型コロナウイルス感染症により療養した期間が記載されています。
 「新型コロナウイルス感染症での療養期間」を証明する書類として保険請求等に使用できます。複数の提出先がある場合は,コピーして使用してください。

就業制限対象者確認結果通知書(見本)

 

請求方法

 療養終了後に,次の書類を提出(郵送または持参)してください。

提出先

 〒720-8512
  福山市三吉町南二丁目11番12号
   福山市保健所 保健予防課
   (福山すこやかセンター4階)

※「就業制限対象者非該当確認請求書」は就業制限を通知する際に同封しています。すでに提出された方の再提出は不要です。

※各種書類の発行に時間を要します(2週間~1か月)ので,余裕をもって申請を行ってください。

※新型コロナウイルス感染症による療養期間について,この通知書以外の発行は行いません。また,保険会社の様式への証明は行っておりません。

 

入院勧告書(入院をした人のみに送付)

 感染症法第19条の規定により,入院が必要な人に送付します。記載している入院期間は,実際の入院期間と異なる場合があります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)