ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

監査業務の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月27日更新

監査委員の仕事

 公正で合理的かつ能率的な行政運営確保のため、市の財務に関する事務の執行及び経営に係る事業の管理などについて、違法・不正がないか、効率的に行われているか等、監査・審査・検査を行っています。

監査の組織

 監査委員と監査委員の職務を補助するための事務局から構成されています。
 福山市では、監査委員は次の4名で構成されています。 

専門的知識を有する識見の委員2名
市民の代表である市議会議員の中から選出された委員2名

 また、事務局は事務局長以下9名の体制となっています。 

監査の種類

 監査委員は、地方自治法、地方公営企業法及び地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づき各種の監査、審査及び検査を行うこととされています。その主なものは次のとおりです。 

監査定期監査
随時監査
行政監査
財政援助団体等に対する監査
公金の収納または支払事務に関する監査
住民の直接請求に基づく監査
議会の要求に基づく監査
市長の要求に基づく監査
住民監査請求に基づく監査
職員の賠償責任に関する監査
検査例月出納検査
審査決算審査
基金の運用状況審査
健全化判断比率等審査