ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 企画政策課 > SDGs未来都市に選定されました!

本文

SDGs未来都市に選定されました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2023年5月23日更新

 福山市は,SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて優れた取組を提案する都市として,国(内閣府)から「SDGs未来都市」に選定されました。今年度は,本市を含む28の都市が選定されています。

 本市は「多様な主体が参画し,新たな価値を創造する『福山版サーキュラーエコノミー』の実現」をテーマとして提案し,その取組が認められました。

 戦後復興の中で市民文化として育んできた「ローズマインド(思いやり・優しさ・助け合いの心)」をまちづくりの基底に据え,本市の強みである「多様な主体との共創」により,経済・社会・環境の三側面を統合的に推進することで,“新たな価値を創造する「持続可能なまち」の実現”をめざします。

 

「SDGs未来都市」選定証授与式

 2023年(令和5年)5月22日に,内閣府において開催された「令和5年度SDGs未来都市選定証授与式」に,中島副市長が出席し,岡田地方創生担当大臣から選定証が授与されました。

選定式写真  未来都市選定証

 

SDGs未来都市とは

 SDGs未来都市とは,SDGsの理念に沿った基本的・総合的取組を推進しようとする都市・地域の中から,特に,経済・社会・環境の三側面における新しい価値創出を通して持続可能な開発を実現するポテンシャルが高い都市・地域として国が選定する制度です。

 この制度は2018年度(平成30年度)から始まり,2024年度(令和6年度)までに210都市を「SDGs未来都市」として選定することをめざしており,今回で選定された都市は182となりました。

 

SDGsとは

 SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは,2015年(平成27年)9月の国連サミットで採択された,「誰一人取り残さない」持続可能でよりよい社会の実現をめざす世界共通の目標です。

 2030年(令和12年)を達成期限とし,17のゴールと169のターゲットから構成されています。

SDGsゴール