ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 高齢者支援課 > 認知症初期集中支援推進事業

本文

認知症初期集中支援推進事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2024年5月30日更新

認知症初期集中支援チームを知っていますか!?

認知症になっても認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域で暮らし続けられるように、福山市では、認知症の人やその家族に早期に関わる「認知症初期集中支援チーム」を設置し、認知症の早期診断・早期対応に向けた支援体制を構築しています。

事業の内容

専門職で構成するチームが、医療や介護につながっていない認知症の人や疑いのある人の自宅を訪問し、医療機関の受診や介護サービスの利用支援、認知症の状態に応じた助言等の支援を行います。
経験豊富な医師と、医療と介護の専門職が6か月間集中的に支援を行い、自立した生活をサポートします。

対象者

自宅で生活している40歳以上の人で、認知症が疑われる人、または認知症の人で、
□ 認知症の診断を受けていない、または、治療が中断している
□ 医療サービスや介護保険サービスを利用していない
□ 認知症の診断は受けたが、介護保険サービスが中断している
□ サービスを利用しているが、認知症による症状が強く、対応に困っている

チェックリストにあてはまる場合は、ご相談下さい!

相談窓口

まずは、下記一覧よりお近くの地域包括支援センターへご相談ください。

※状況によっては、地域包括支援センターが対応する場合があります。
イメージイラスト

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)