ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > ネウボラ推進課 > 福山市 出産・子育て応援金について

本文

福山市 出産・子育て応援金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2023年1月20日更新

事業の概要

全ての妊婦や子育て家庭が安心して出産・子育てができるよう,妊娠期から出産・子育て期まで一貫した伴走型相談支援と経済的支援を一体的に実施します。

「伴走型相談支援」について

福山市では,ネウボラ相談窓口「あのね」(子育て世代包括支援センター)を市内13か所に開設しています。「あのね」では,ネウボラ相談員(看護職・保育士)が,妊娠届出時から,妊婦や子育て家庭に寄り添い,妊娠や出産,体や心のこと,子育て,しつけなどの相談に応じ,お子さんの成長に合わせた福山ネウボラの事業についてご紹介しています。
伴走型相談支援

「経済的支援」について

妊娠期から子育て期における出産育児関連用品の購入等のための応援金を支給します。
◆出産応援金:妊娠届出時/妊婦1人当たり5万円
◆子育て応援金:出生届出後/子ども1人当たり5万円 ※多胎児の場合 人数分
対象者及び支給額
  対象者 基準日 支給額
令和4年4月1日~令和5年1月19日までに出産 令和5年1月20日 10万円
令和4年4月1日以降に妊娠届出をし, 令和5年1月20日以降に出産 令和5年1月20日 5万円
出生届出後の赤ちゃん訪問時 5万円
令和5年1月20日以降に妊娠届出 妊娠届出時 5万円
出生届出後の赤ちゃん訪問時 5万円

※支給対象者は,基準日において福山市の住民基本台帳に登録されている方です。

※1,2に該当する方で,令和5年1月21日以降本市に転入した方は,転入前の自治体で「国の出産・子育て応援給付金事業」による「出産応援ギフト」の給付を受けていない場合対象となりますので,該当する方は「ネウボラ推進課」までご連絡ください。

※妊娠届出:母子健康手帳(親子健康手帳)の交付

※応援金は,出生届出後に死亡した児童の養育者や,妊娠届出後に流産・死産された妊婦も対象となります。

支給までの流れ
  対象者 流れ
令和4年4月1日~令和5年1月19日までに出産した場合

令和5年1月下旬から順次,対象者へ申請書等を送付します。
申請書等の必要事項を記入し,ネウボラ推進課へ提出してください。

 ⇒各応援金を一括で支給します。

令和4年4月1日以降に妊娠届出をし, 令和5年1月20日以降に出産した場合

1.出産応援金:令和5年2月初旬頃,対象者へ申請書等を送付します。必要事項を記入し,ネウボラ推進課へ提出してください。

 ⇒出産応援金を支給します。

2.子育て応援金:出生届出後,生後4か月頃までに保健師等が赤ちゃん訪問を実施します。訪問後に随時,申請書等を送付します。申請書等の必要事項を記入し,ネウボラ推進課へ提出してください。

 ⇒子育て応援金を支給します。

令和5年1月20日以降に妊娠届出をした場合

1.出産応援金:妊娠届出後に対象者へ申請書等を送付します。必要事項を記入し,ネウボラ推進課へ提出してください。

 ⇒出産応援金を支給します。

2.子育て応援金:出生届後,生後4か月頃までに保健師等が赤ちゃん訪問を実施します。訪問後に随時,申請書等を送付します。必要事項を記入し,ネウボラ推進課へ提出してください。

 ⇒子育て応援金を支給します。

※妊娠届出:母子健康手帳(親子健康手帳)の交付

※応援金は,申請から支給までに1か月以上かかる場合があります。ご了承ください。(支給決定通知書をお送りします)

※他の自治体で出産・子育て応援交付金による出産応援ギフト及び子育て応援ギフトの支給を受けていないこと。支給後,他の自治体からの支給が判明した場合は,給付金を返還していただきます。

国の動き(参考)