ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ふくやま美術館外観写真
ふくやま美術館 > 特別展 > ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月21日更新

「ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展」

ぼくとわたしとみんなのtupera tupera絵本の世界展

🄫tupera tupera

パンダ銭湯

 「パンダ銭湯」(2013年©tupera tupera/絵本館)

かおノート

「かおノート」(2008年©tupera tupera/コクヨ株式会社)


亀山達矢と中川敦子による2人組ユニット「tupera tupera」(ツペラ ツペラ)は、絵本、雑貨、アニメーション、舞台美術などの各分野で、幅広く活躍するアーティストです。紙を切って貼り、さまざまな色と形で彩られるその作品は、高いデザイン性を持ちながらもユーモアに溢れ、多くの人を魅了しています。

2002年から活動を始めたtupera tuperaは、『木がずらり』(2004年)を皮切りに、絵本制作で活躍の場を広げます。2013年、『しろくまのパンツ』(2012年)が「第18回日本絵本賞読者賞」を受賞すると、同作は「第2回街の本屋が選んだ絵本大賞 グランプリ」など数々の賞を受賞。つづけて『パンダ銭湯』(2013年)が、「第3回街の本屋が選んだ絵本大賞 グランプリ」を受賞し、2018年には『わくせいキャベジ動物図鑑』(2016年)が「第23回日本絵本賞大賞」に輝きました。今やその作品は国内にとどまらず、アメリカ、フランス、台湾など世界11か国・地域で出版され、人気を博しています。絵本制作と並行してtupera tuperaが大切にしているのが、読者との交流です。イベントやワークショップに参加するために全国各地を飛び回り、今も図書館や街の書店での活動を続けています。

本展は、そのtupera tuperaの軌跡をたどる、初めての大規模な展覧会です。代表作である絵本の原画を中心に、立体やイラストレーション、映像作品など多様な活動を紹介すると同時に、貼り絵やコラージュを駆使して彩られた、色鮮やかで繊細な手仕事の世界へご案内します。


展覧会チラシ表PDF [PDFファイル/3MB] 

展覧会チラシ裏PDF [PDFファイル/2.69MB]


 

<展覧会名>  ぼくと わたしと みんなのtupera tupera 絵本の世界展

<会  期>  2019年1月20日(日曜日)~3月24日(日曜日) 55日間 

※ただし2月11日(月・祝)は開館、2月12日(火曜日)は休館

<開館時間>  9時30分~17時00分

<観 覧 料>  一般1,000円(800円) 高校生以下無料

※(  ) 内は前売り、または有料20名以上の団体料金

※前売り券は、ふくやま美術館ミュージアムショップ、JR福山駅観光案内所、ローソンチケット[Lコード:61405]などで2019年1月19日(土)まで販売。

※ちゅーピーくらぶ会員は会員証をご掲示いただくと800円になります。

前売り券販売所

ローソンチケット[Lコード:61405]、天満屋カードサービス(株)福山営業所(天満屋福山店内)、ガレリア・レイノ福山店、福山リビング新聞社、啓文社、フジグラン神辺、神辺文化会館、福山ニューキャッスルホテル、JR福山駅観光案内所、尾道市立美術館、華鴒大塚美術館、笠岡市立美術館

前売り券の販売は2019年1月19日(土)まで

tupera tupera絵本の世界展 前売販売所一覧 [PDFファイル/419KB]

 

▼次の方は無料です。証明となるものを各受付にご提示ください。

(注:証明書コピー不可)

・高校生以下の方

・社会福祉施設に入所されている方

・福山市・府中市・神石高原町に住所を有する65歳以上の方

・身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳等を所持する方、及びその介護者1名

・キャンパスメンバーズ会員校の学生及び教職員

・福山市立大学、福山大学、福山平成大学、専門学校福山歯科衛生士学校、福山福祉専門学校、福山YMCA国際ビジネス専門学校、穴吹(情報デザイン・医療福祉・動物・ビューティ・調理製菓)専門学校、福山市医師会看護専門学校

 

▼次の会員の方は割引料金で観覧できます。会員証を受付に提示してください。

(注:会員証コピー不可)

井原市立田中美術館友の会、奥田元宋・小由女美術館友の会、尾道市立美術館友の会、しぶや美術館友の会、華鴒大塚美術館友の会、メープルクラブ・メープルサロン会員(ひろしま美術館)、筆の里工房Pal会員、ちゅーピークラブ(中国新聞社が特別展主催時の特別展のみ)


<主  催>  (公財)ふくやま芸術文化振興財団 ふくやま美術館、福山市、毎日新聞社、

中国新聞備後本社

<協  賛>  株式会社ライブアートブックス

<協  力>  (有)ヤスダフォトスタジオ


関連イベント

(1)プレイベント「切って貼って作ろう!マスキングテープおめん」

 マスキングテープを使ったおめん作り。出来上がった作品はお持ち帰りいただきます。

日  時: 2019年1月5日(土)、6日(日)、12日(土曜日) 各日13時00分~16時00分

会  場: ふくやま美術館 1階ロビー

対  象: 未就学児~小学生

担  当: 当館職員

 

(2)プレオープン

 tupera tuperaによるミニギャラリートークを開催します。

講  師: tupera tupera

日  時: 2019年1月19日(土曜日) 15時00分~16時30分(閉館17時00分)

会  場: ふくやま美術館 1階企画展示室

定  員: 大人50名(※応募多数の場合は抽選)、高校生以下は定員無し

応募方法: 往復ハガキに「名前」「郵便番号」「住所」「電話番号(昼間連絡がとれるもの)」「参加人数」をご記入の上、「ツペラツペラ プレオープン」係までお申し込みください。※ハガキ1枚につき大人2名まで。(高校生以下は人数記載の必要無し。)

応募期間: 1月9日(水曜日)まで 

 

(3)絵本ライブ

 tupera tuperaによる絵本の読み聞かせ

講  師: tupera tupera

日  時: 2019年1月20日(日曜日) 13時00分~14時00分

会  場: ふくやま美術館 1階ホール 

定  員: 250名 ※応募多数の場合は抽選

応募方法: 往復ハガキに「名前」「郵便番号」「住所」「電話番号(昼間連絡がとれるもの)」「参加人数」をご記入の上、「ツペラツペラ 絵本ライブ」係までお申し込みください。※ハガキ1枚につき4名まで(ただし、未就学児のお子様は各保護者様の膝の上等でご対応願います。座席の用意はございません。)

応募期間: 1月8日(火曜日)まで 

 

(4)tupera tuperaサイン会

講  師: tupera tupera

日  時: 2019年1月20日(日曜日) 14時30分~16時00分

会  場: ふくやま美術館 1階ホール 

定  員: 60名 無料 ※応募多数の場合は抽選

応募方法: 往復ハガキに「名前」「郵便番号」「住所」「電話番号(昼間連絡がとれるもの)」「参加人数」をご記入の上、「ツペラツペラ サイン会」係までお申し込みください。 ※ハガキ1枚につき2名まで

応募期間: 1月8日(火曜日)まで

注  意: 原則、サインは本展図録にのみ行いますので、時間までにショップで図録をご購入ください。持ち込みの書籍があった場合、サインは作家のご判断にお任せします。なお、当日はハガキをご持参ください。

 

(5)ミュージアムコンサート「ビューティフルハミングバード(BHB) コンサート」

ミュージアムコンサート ビューティフルハミングバードコンサート 

 tupera tuperaと親交があるアーティストを迎え、本展とビューティフルハミングバードの音楽を有機的にご理解いただくためのコンサートです。 ※コンサートの参加者は、開場から開演までの間にtupera tupera展を無料で観覧いただけます!

出  演: ビューティフルハミングバード

日  時: 2019年1月25日(金曜日) 開場18時00分~ 開演19時00分~

会  場: ふくやま美術館 1階ロビー

料  金: 一般 1,000円 高校生以下無料

定  員: 150名 先着順(12月1日より受付開始)※定員になり次第〆切り

応募方法: 往復ハガキに「郵便番号」「住所」「電話番号」「人数(一般:〇人、高校生以下〇人)」「代表者の名前」をご記入の上、「ミュージアムコンサート」係までお申し込みください。※ハガキ1枚につき4名まで

 

 (6)tupera tupera謎解きゲーム

  平日の来館者様へのサービス企画です。参加者にワークシートを配布し、本展を鑑賞しながらtupera tuperaに関するクイズを解いていただきます。全問正解者にはグッズ(出版社提供)をプレゼント!

 日  時: 2019年2月8日(金)、22日(金)、3月15日(金曜日) 各日13時00分~16時00分

会  場: ふくやま美術館 1階企画展示室

定  員: 各日先着100名

担  当: 当館職員

 

(7)学芸員によるギャラリートーク

日  時: 2月16日(土)、3月9日(土曜日) 各日14時00分~15時00分

会  場: ふくやま美術館 1階ラウンジ、企画展示室  ※特別展観覧券が必要

担  当: 当館学芸員

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る