ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ふくやま美術館外観写真
ふくやま美術館 > 特別展 > 特別展「水野勝成福山入封400年記念 国宝 久能山東照宮-徳川家康と歴代将軍ゆかりの名宝」

特別展「水野勝成福山入封400年記念 国宝 久能山東照宮-徳川家康と歴代将軍ゆかりの名宝」

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月4日更新

水野勝成福山入封400年記念
国宝 久能山東照宮-徳川家康と歴代将軍ゆかりの名宝

1.展覧会概要

徳川家康のいとこである水野勝成が福山に入封してから今年で400年、これを記念した展覧会です。
静岡県中部の久能山山頂に鎮座する久能山東照宮は、徳川家康の遺命により建立された国内最古の東照宮です。同社には家康の遺品として、所用の武器や武具、晩年の愛用品、西洋諸国との外交を通じて得た舶来の品々が伝来し、また、歴代将軍遺愛の刀剣や書画などが寄進されてきました。
本展は、久能山東照宮博物館が所蔵するこれらの2,200点に上る宝物の中から、家康遺愛の品々を筆頭に、かつて江戸城内の紅葉山神庫および御具足蔵に保管されていた歴代将軍所用の甲冑や、国宝1口・重要文化財10口を含む奉納刀、将軍自筆の書画などの140点を、福山城博物館、ふくやま美術館、ふくやま書道美術館の3館に分けて展観します。歴代将軍の威光の象徴でもある名宝の数々が一堂に会する、またとない機会をぜひお楽しみください。

久能山東照宮展のチラシ表の画像
チラシ表 [PDFファイル/649KB]

久能山東照宮展のチラシ裏の画像
チラシ裏 [PDFファイル/535KB]

出品目録 [PDFファイル/367KB](※2019年8月27日更新)

2.展覧会詳細

ア.展覧会名

水野勝成福山入封400年記念 国宝 久能山東照宮-徳川家康と歴代将軍ゆかりの名宝

イ.会期

2019年9月21日(土曜日)~11月17日(日曜日)
「前期」9月21日(土曜日)~10月20日(日曜日)
「後期」10月22日(火曜日)~11月17日(日曜日)
月曜休館
※ただし、9月23日(月曜日・祝日)、 10月14日(月曜日・祝日)、 11月4日(月曜日・休日)は開館。9月24日(火曜日)、 11月5日(火曜日)は休館。

ウ.開館時間

ふくやま美術館/9時30分~17時00分
※ただし、11月8日(金曜日)、9日(土曜日)、15日(金曜日)、16日(土曜日)は19時00分まで開館。

福山城博物館/9時00分~17時00分

ふくやま書道美術館/10時00分~19時00分

エ.観覧料

3館共通券/1,500円
1枚でふくやま美術館、福山城博物館、ふくやま書道美術館を観覧いただけるおトクな共通券。会期中いつでもご利用いただけます。
※高校生以下無料

ふくやま美術館単館観覧料/一般 1,100円(900円)、高校生以下無料
※( )内は有料20名以上の団体料金
※観覧料の減免、割引など詳しくは施設利用案内をご覧ください。

福山城博物館単館観覧料/一般500円(400円)、高校生以下無料
※( )内は有料20名以上の団体料金

ふくやま書道美術館単館観覧料/一般500円(400円)、高校生以下無料
※( )内は有料20名以上の団体料金

オ.主催、特別協力

<主催>
(公財)ふくやま芸術文化財団 福山城博物館、ふくやま美術館、ふくやま書道美術館、福山市、中国新聞備後本社
<特別協力>
久能山東照宮、静岡鉄道株式会社

カ.リンク

福山城博物館ホームページ

ふくやま書道美術館ホームページ

3.関連イベント

ア.講演会

「徳川家康公と久能山東照宮」
講師/落合偉洲氏(久能山東照宮宮司・久能山東照宮博物館館長)
日時/9月21日(土曜日) 開場 12時30分 開演 13時30分
会場/ふくやま美術館 1階 ホール
定員/150名 (先着順・聴講無料)

イ.ギャラリートーク

各会場の見どころを分かりやすく解説します。
ギャラリートーク一覧表の画像
ギャラリートーク一覧表 [PDFファイル/109KB]

  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る