ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市上下水道局 > 福山の上下水道 > 各種計画 > 水道施設更新耐震化計画を策定しました。

本文

水道施設更新耐震化計画を策定しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年3月25日更新

各種計画

 

 

水道施設更新耐震化計画

 

計画策定の趣旨

 水道施設の耐震化については,2012年(平成24年)に基本方針を定めた『水道施設地震対策基本計画』,2013年(平成25年)に具体的な整備方針を定めた『水道施設耐震化事業実施計画』に基づいて,計画的・効率的に取り組んでいます。

 この度,これらの計画の実施期間が終了することから,改定に合わせて2つの計画を統合し,地震対策に関する基本的な考え方,目標及び具体的な整備内容を示した『水道施設更新耐震化計画』として新たに取りまとめました。

 

水道施設更新耐震化計画

(1) 実施期間

   2022年度(令和4年度)~2026年度(令和8年度)

(2) 総事業費

   水 道 施 設 :約50億円

   工業用水道施設 :約26億円

(3) 耐震化率の目標値

  【水道施設】

   浄水施設:44.4%(2021年度末(見込み))→45.9%(2026年度末)

   配水池 :65.7%(2021年度末(見込み))→69.0%(2026年度末)

  【工業用水道】

   配水池 :68.6%(2021年度末(見込み))→76.8%(2026年度末)

 

水道施設更新耐震化計画(2022年度~2026年度)を見る [PDFファイル/6.75MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)