ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市夢・未来プロジェクト > これまでの支援 > 2021年度 > 児玉楓さんの夢へのチャレンジ!(夢:プロバスケットボール選手になりたい!)
お知らせなど
プレゼン大会の様子
これまでの支援

本文

児玉楓さんの夢へのチャレンジ!(夢:プロバスケットボール選手になりたい!)

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年7月28日更新

児玉楓さん(城北中学校2年)×井上ひかるさん(園田学園女子大学バスケットボール部)

夢・未来プロジェクト2021の支援対象となった城北中学校2年の児玉楓さん。

夢は,「プロバスケットボール選手になりたい!」

児玉さんは,小学1年の時にバスケットボールを始めました。幾度となく怪我に悩まされながらも,これまで市選抜のキャプテンや,県選抜にも選ばれるなど,ひたむきにバスケットボールを頑張っています。

昨年8月に行われたプレゼン大会では,「周りの人への感謝の気持ちを忘れず,もっともっと努力して技を磨き,将来,プロバスケットボール選手という大きな夢を絶対に叶えます!」と熱く語り,審査の結果,支援対象として決定しました!

児玉さんの夢へのチャレンジを支援してくれたのは,なんと,ウインターカップ2020で,高知中央高等学校の主将として,チームを高知勢初のベスト4に導き,その果敢に挑むプレー姿が,観客の感動を巻き起こした,園田学園女子大学バスケットボール部の井上ひかるさんです。

支援の様子

日時:2022年(令和4年)7月3日(日曜日)11時30分~13時30分
場所:福山市立城北中学校体育館

支援の様子1 支援の様子2

支援の様子3 支援の様子4

井上さんが得意とする「ドライブでの抜き方」や,「ミドルシュート」の実技指導,1on1での実践練習をしていただきました。
実技指導後の対談では,「失敗が続いている時の気持ちの立て直し方」等,メンタルの整え方を教えていただきました。

また,井上さん自身の中学生時代を振り返りながら,「バスケットボールを“誰かにやらされている”という意識では身に着かない。集中して,必死になって取り組むことが大切。周りの人に感謝しながら謙虚さを忘れず,バスケットボールと向き合ってほしい。」とアドバイスをいただきました。

体験した児玉さんからは,

「憧れの井上ひかるさんに会えたことが本当に嬉しかったです。想像以上に,スピードやドライブが速くて,ひかるさんにはなかなかついていけなかったけど,厳しく楽しく指導してもらえたので良かったです!憧れのひかるさんに,色々学べて,1on1もしてもらったり,抜き方や抜かれないディフェンスのコツを教えてもらっていい経験になりました!教えてもらったことを今後に活かして,ひかるさんのように活躍できるような選手になりたいなと思いました!本当に貴重な時間をありがとうございました!」

などの感想がありました。

この経験を活かして,夢に向かって頑張ってくださいね!


Facebookでも,中学生の夢に向かって頑張る姿を発信中!
皆さんからの「いいね!」をお待ちしています!
https://www.facebook.com/fukuyama.yumemirai