ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保健予防課 > 副反応が起きた場合

本文

副反応が起きた場合

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月11日更新

ワクチン接種後の副反応への対応

 新型コロナワクチンは非常に高い効果があります。一方で,接種後に体内で免疫ができる過程で,接種部位の痛み,発熱,倦怠感,頭痛,筋肉や関節の痛み,寒気,下痢等の症状が現れることがあります。

 いずれの症状も大部分は接種の翌日をピークに発現し,数日以内に回復します。

 発熱や痛みについては,市販の解熱鎮痛薬(アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬[イブプロフェンやロキソプロフェン等])で対応いただけます。

 詳細はこちらをご覧ください

新型コロナワクチン接種後の副反応への対応方法 [PDFファイル/233KB]

 

副反応が起きた場合

 接種によって健康被害が生じ,医療機関で入院治療が必要となったり,障がいが残った場合には,予防接種法に基づく救済が受けられます。
 救済制度の内容については,厚生労働省ホームページをご覧ください。

相談窓口

 ワクチン接種に関する相談窓口を開設しています。
 
名称 相談内容

お問い合わせ

福山市新型コロナウイルスワクチンに関するコールセンター ワクチン接種会場や開始時期など一般的なお問い合わせ

電話番号 0570-015673   

※8時30分~17時15分(土・日曜日,祝日を含む)

※耳の不自由な方などのお問い合わせは,Fax番号 084-928-1270 まで

広島県新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター ワクチンの副反応や接種効果など専門的なお問い合わせ

電話番号 082-513ー2847  

※24時間(土・日曜日,祝日を含む)

 

関連リンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)