ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保健予防課 > 小児(5~11歳)への新型コロナワクチン接種について

本文

小児(5~11歳)への新型コロナワクチン接種について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年9月12日更新

小児への新型コロナワクチン接種の概要

※5歳~11歳用のワクチンがオミクロン株流行下でも有効であるとの最新情報を踏まえて,5歳~11歳のお子様にワクチンを受けていただけるよう,ご本人とその保護者の方に努めていただくことになりました。これは市民の皆さまに接種に御協力いただいたいという趣旨によるものであり,接種を強制するものではありません。

詳しくは厚生労働省のQ&Aを御確認ください。

※ワクチンを受ける際には,感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について,正しい知識を持っていただいた上で,お子様と相談し,保護者の方の意思に基づいて接種をご判断いただきますようお願いいたします。

※周りの方に接種を強制したり,接種をしていない人に対して差別的な対応をすることはあってはなりません。

 

接種の対象者

・5~11歳の方(※接種日時点の年齢)誕生日の前日に歳を1つ取ることになりますので,ご注意ください。

※慢性呼吸器疾患、先天性心疾患など、重症化リスクの高い基礎疾患を有する方は接種をおすすめします。事前にかかりつけ医に相談してください。

 

接種券の発送

【1・2回目用接種券】

・2022年(令和4年)3月7日時点で5~11歳の方に、3月4日に接種券を発送済。

「お知らせ」「説明書」「予診票(2回分)」を同封してますので、内容をご確認いただき,お子様と保護者で接種についてご検討ください。新たに5歳になった人には、順次発送します。

小児(5歳~11歳)の新型コロナワクチン接種の保護者へのお知らせ [PDFファイル/7.69MB]

5歳~11歳用ワクチン説明書(ファイザー社製用) [PDFファイル/814KB]

5歳~11歳の新型コロナウイルス感染症のワクチン接種のお知らせ(外国人の方へ) [PDFファイル/3.17MB]

※紛失等により、接種券の(再)発行が必要な場合は「【1・2回目接種】接種券の(再)発行について」をご確認ください。

【3回目用接種券】

・2022年(令和4年)9月15日以降,2回目接種日から5か月経過した5歳~11歳の方に順次,月2回発送します。

小児(5歳~11歳)の新型コロナワクチン接種(3回目)の保護者へのお知らせ

5歳~11歳用ワクチン説明書(ファイザー社製用) [PDFファイル/1.05MB]

※紛失等により、接種券の(再)発行が必要な場合は「【3回目接種】接種券の(再)発行について」をご確認ください。

使用するワクチン

 ファイザー社の5歳~11歳用(子ども用)ワクチンは,12歳以上のものに比べ、有効成分が1/3になっています。

 ・1・2回目は通常、3週間の間隔を空けて接種

 ・3回目は2回目接種日から5か月以上の間隔を空けて接種

5歳~11歳のお子様へお知らせ

 新型コロナワクチン接種に関するリーフレット [PDFファイル/1.9MB]

 新型コロナワクチン接種(3回目)に関するリーフレット [PDFファイル/1.23MB]

新型コロナワクチンの効果・副反応

【効果】

・新型コロナワクチンを受けることで、新型コロナウイルスに感染しても症状が出にくくなります。

・3回目接種後はオミクロン株を含む新型コロナウイルスに対する中和抗体価が上昇します。

 (中和抗体価とは,ウイルスの感染力や毒素の活性を中和できる抗体の値のこと)

・また,時間の経過とともに低下した1・2回目接種による発症予防効果が,3回目接種により回復すると報告されています。

 

【副反応】

(1・2回目)

・注射した部分の痛みが一番多く現れます。

・数日以内に起こることがある症状は次の通りです。症状は、ほとんどが軽度または中等度です。

数日以内に起こることがある症状(特例承認に係る報告書より)
症状が出た人の割合 症状
50%以上 注射した部分の痛み、疲れた感じ
10~50% 頭痛、注射した部分の赤み・はれ、筋肉痛、寒気
1~10% 下痢、発熱、関節痛、嘔吐

・ごくまれですが、海外では子どもでも軽症の心筋炎を発症した例が報告されています。米国では、12~17歳男子に比べ5~11歳男子の方が、心筋炎が報告される割合が低いとされています。

(3回目)

3回目接種後7日以内の副反応は,1・2回目接種の後と比べると,概ね同様の症状が見られ,2回目接種時を上回るリスクは報告されていません。

接種後7日以内に現れた症状発現率の比較(特例承認に係る報告書より)
報告割合 接種後の症状(2回目接種後→3回目接種後の症状の発現率)
50%以上 疼痛(72.2→73.9%)
10~50% 疲労(46.6→45.6%)頭痛(30.1→34.0%)筋肉痛(12.5→18.3%)
発赤(16.5→15.6%)腫脹(14.0→16.4%)悪寒(10.3→10.5%)
1~10% 発熱(8.8→6.7%)関節痛(5.5→6.7%)下痢(6.5→4.9%)
嘔吐(1.8→2.4%)

効果や副反応の詳細は、国の「新型コロナワクチンQ&A」をご確認ください。

接種費用

3回とも無料

予約時の注意事項

・12歳になって1回目を接種する場合は、大人と同じ12歳以上用のワクチンを受けてください。

・1回目の接種時に11歳だった方が、2回目の接種時に12歳になった場合も子ども用のワクチンを受けてください。

・3回目接種日に12歳になっている方は,大人と同じ12歳以上用のワクチンを,同封の接種券を使って受けてください。

・同時または前後2週間は,インフルエンザワクチンを除き,原則,他のワクチンを受けることはできません。

 

接種を受ける方法

接種会場を探す・予約する

接種ができる医療機関を市ホームページから小児への新型コロナワクチン接種に関する総合案内(3回目接種について更新作業中)や,国のコロナワクチンナビなどから探して、予約をしてください。

※原則、住民票所在地にある会場で接種を受けていただく必要がありますが、広島県内であれば、他市町の会場でも届出なしで接種できます。

広島県外で接種を受ける場合

やむを得ない事情で住所地でのワクチン接種ができない方は、住所地以外で受けていただける場合があります。詳細は「住民票所在地以外でのワクチン接種について」をご確認ください。

 

 

接種当日に必要な物

・接種券が入っていた封筒の中身一式 ※予診票は事前に記入してください。

・本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証など)

・母子健康手帳(可能な限り)

・お薬手帳(お持ちの方)

 

接種当日の注意事項

・接種には保護者の同意と立ち合いが必要です。

・37.5度以上の熱がある時や、体調が悪い時にはワクチンを受けることはできません。

・ワクチンは肩の近くに注射します。肩の出しやすい服装で受けに行きましょう。

・ワクチンを受けた後、15分以上は座って様子をみましょう。(30分様子をみる場合もあります。)

・当日はお風呂に入るなど、いつもどおりの生活をするのは問題ありませんが、激しい運動はやめましょう。

・感染予防の観点から,接種会場には被接種者(子ども)とその保護者1人でお越しください。

 

接種後の注意事項

接種後,体内で新型コロナウイルスに対する免疫ができる過程で,様々な症状が現れることがあります。ほとんどは12歳以上のワクチン接種後のものと同様に,数日以内に回復しますが,保護者の方が様子を観察し,症状に合わせた対応をとってください。

また,ワクチン接種後も,3密の回避,マスクの着用などの感染予防対策の継続をお願いいたします。

 

新型コロナワクチンに関する相談先

ワクチン接種後に、体に異常がある時

ワクチンを受けた医療機関やかかりつけ医、広島県コールセンター(082‐513-2847 ※24時間)

ワクチン接種全般に関するお問い合わせ

福山市コールセンター(0570-015673 ※8:30~17:15)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)