ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

いざというときの応急手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月9日更新

応急手当
フラッグ
災害で大けがをしても,すばやく的確な応急手当を行えば,生命が助かる確率が高くなります。
 一刻を争う場合の心肺蘇生法や,けがの対処法を覚えておきましょう。
フラッグ


リンク(応急手当について(日本赤十字社ホームページへリンクしています))応急手当について(日本赤十字社ホームページへリンクしています)

 心肺蘇生法の基準は,4年から5年ごとに見直しが行われておりますが,財団法人日本救急医療財団の心肺蘇生法委員会から「日本版救急蘇生ガイドライン」が示されたことから,このガイドラインを踏まえ,2011年の8月に総務省消防庁から新しい心肺蘇生法(ガイドライン2010)が示されました。今回の改訂では,十分な強さと十分な速さで絶え間なく行われる,質の高い胸骨圧迫の重要性が強調されています。効果的な蘇生を行うにはできるだけ早期から,「強く」,「速く」,「絶え間ない」胸骨圧迫を行うのが重要です。

新しいガイドラインでの変更点

(1)   呼吸を確認するときに気道確保を行わない

(2)   人工呼吸より優先して胸骨圧迫から心肺蘇生を開始する

(3)   胸骨圧迫の深さを,「4~5cm沈む程度」から「少なくとも5cm沈むよう」の変更

(4)   胸骨圧迫のリズムを,「毎回100回」から「少なくとも毎回100回」に変更

(5)   小児に対しても成人と同じ方法で行う

(6)   小児用パットの使用が8歳未満から未就学児に変更

心肺蘇生法

  もしもの場合に備えて救命講習会などに参加しましょう。
 救命講習会については,各消防署に問合せしてください。

 
リンク(普通救命講習の申し込み等について(福山地区消防組合ホームページへリンクしています))普通救命講習の申し込み等について(福山地区消防組合ホームページへリンクしています)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)