ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保健予防課 > 感染症に関する広島県内の警報・注意報発令状況について

感染症に関する広島県内の警報・注意報発令状況について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月28日更新

広島県内に発令中の感染症に関する警報・注意報

【警報】
 2017年12月14日発令 「
感染性胃腸炎警報
               《参考》 「感染性胃腸炎について

 2017年12月28日発令 「インフルエンザ警報」               
               《参考》 「インフルエンザについて」 
 
   
      

 感染症に関する警報・注意報は,広島県が「広島県感染症発生動向調査警報・注意報発令要領」に基づき,5類感染症の定点把握疾患の一部を対象に,流行の原因究明や拡大防止対策などを行うために県民及び医療機関などに対して注意喚起を図る目的で行われるものです。
 警報レベルは,大きな流行が発生または継続しつつあると疑われることを指し,注意報レベルは,おおむね今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性が高いことを指します。
広島県における感染症発生動向調査警報・注意報の発令について(広島県HP)


(参考情報)
福山市内の感染症発生状況



  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る