ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ごみ・環境情報 > 環境啓発 > 環境にやさしい取組 > 【注意喚起】ライター類・スプレー缶等をごみで出すときのお願い

本文

【注意喚起】ライター類・スプレー缶等をごみで出すときのお願い

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月3日更新

火災の原因となります!

ガスが残ったままの使い捨てライターや中身の入っているスプレー缶などは,ごみ収集車やごみ処理施設の火災の原因となります。ごみを出すときは,次のことに注意して安全な処理にご協力ください。

ライター類・スプレー缶等のごみの出し方

いずれの方法も,必ず火の気のない屋外で行ってください。

●「ライター類」は,輪ゴムや粘着テープでレバーを固定するなどしてガスを抜き,必ずライター類のみをまとめて別袋に入れて「燃やせる粗大ごみ」の日に出してください。

●「スプレー缶・カセット式ガスボンベ」などは中身を使い切り,穴を開けてガスを完全に抜き,必ず別袋に入れて「資源ごみ」の日に出してください。

ライター          スプレー

 

環境省ホームページ <ライターの廃棄方法に関するリーフレット>

http://www.env.go.jp/press/files/jp/16477.pdf

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)