ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ごみ・環境情報 > ごみ > 事業系ごみ > 事業所から排出される廃棄物について

本文

事業所から排出される廃棄物について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月2日更新

事業系廃棄物の適正処理とリサイクル

☆事業所から排出される廃棄物の適正処理については,【事業系廃棄物適正処理ガイドブック】(※) [PDFファイル/2.66MB]を参考にしてください。

☆排出事業者責任に基づくチェックリスト [Excelファイル/21KB]

事業所から排出される廃棄物は,「産業廃棄物」と「事業系一般廃棄物」に区分されます。((※)P2参照)

廃棄物処理法など,環境関連法令の規定に従って,分別,適正処理,減量及びリサイクルの推進に努めましょう。

■「産業廃棄物」は,事業者自らの責任において適正に処理する必要があり((※)P3~P8参照),市では処分いたしません。

■「事業系一般廃棄物」は,適正に分別され,市の処理施設に持ち込みがあったものを市で処分いたします。(「処理困難物」等は除く)((※)P9参照)

市では収集しておりませんので,家庭ごみの集積場所である「ごみステーション」には絶対に出さないでください。

市の処理施設への持ち込みは,自ら行うか,許可を持った業者に委託してください。

■事業系紙類のうち「リサイクルできる紙」((※)P10参照)は,市の処理施設に搬入できません。資源として,古紙のリサイクル業者に引き渡してください。

■事業の効率化やコストの削減,企業イメージの向上にもつながる「ごみの減量・リサイクル」に取組んで,市民みんなで循環型社会の形成をめざしましょう。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)