ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市子育て支援サイト > 不育症治療費助成事業

本文

不育症治療費助成事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月1日更新

不育症の検査・治療に要した費用の一部を助成します。

2022年1月から12月に受けた不育症検査・治療分の申請を受け付けています

※ 2023年1月~12月に受けた検査・治療の申請については,2024年4月頃にこのホームページでお知らせします。

2022年度制度案内リーフレット

  福山市不育症治療費助成制度のご案内 [PDFファイル/374KB]

 

1 助成対象者

次の4つの要件をすべて満たす方です。
(1) 不育症(※1)であると医師に診断されたこと。
(2) 検査・治療の初日(※2)に,夫婦であること(事実婚も含む)。
(3) 検査・治療の初日(※2)に,妻の年齢が43歳未満であること。
(4) 申請日(※3)に,申請者が福山市に住民登録をしていること。

※1 2回以上の流産,死産または早期新生児死亡(生後1週(7日)未満の死亡)の既往があること
※2 毎年,助成対象検査・治療を受けた日の初日(2022年1月~12月の間で,助成対象検査・治療を受けた日の初日)
※3 福山市が申請書等を受け取った日(郵送で申請する場合は,消印日)

2 助成対象検査・治療

2022年1月~12月に,国内の医療機関で受けた次の検査・治療

助成対象検査治療項目

次に掲げる費用に係るものは,助成の対象外です。
(1)入院時食事療養費,個室使用料及び文書料等の不育症治療に直接関係のない費用
(2)出産(流産及び死産を含む。)に係る費用
(3)処方せんによらない医薬品等の費用
(4)福山市が実施する不妊治療の助成を受けている費用 

※ 医療保険適用の有無は問いません。
※ 医師の処方せんによる医薬品等も対象です。
 (「福山市不育症治療費助成申請に係る証明書」の中の「院外処方の有無」が「有」で,薬局が発行する領収書の添付がある場合) 

3 助成額

30万円まで(夫婦1組に対して助成)
※ 助成額は「福山市不育症治療費助成申請に係る証明書」の「領収金額」を基に算出します。
※ 「院外処方の有無」が「有」の場合,薬局が発行した領収書の金額も合算できます。 

4 助成回数

※ 通算助成回数の制限はありません。

・2022年1月~12月に行った助成対象検査・治療
→2022年4月~2023年3月の間に1回(まとめて申請)

5 申請期限・申請方法

 【申請期限】

 2023年3月31日(消印有効) 

 【申請方法】 

 (1)窓口で申請  (2)郵送で申請

 【申請先】
 福山市 健康推進課
 (住所)〒720-8512 福山市三吉町南2丁目11番22号 福山すこやかセンター6階
 (受付時間)月~金曜日(祝日,年末年始を除く)8時30分~17時15分

なお,次の場合は,該当する時点で早めに申請してください。
・不育症の検査・治療を終了し,今後,不育症検査・治療を行う予定がない場合
・助成申請額が30万円を超えた場合

6 申請関係書類

印刷してご利用ください。なお,これらの書類は福山市健康推進課で配付しているほか,希望により郵送も行っています。

必ず必要なもの

(1) 福山市不育症治療費助成申請書 [PDFファイル/82KB]

   記入例 [PDFファイル/175KB]

(2) 福山市不育症治療費助成申請に係る証明書(両面) [PDFファイル/179KB]

(3) 医療機関が発行した領収書(写しも可)

場合により必要なもの

(4) 支払相手方登録依頼書 [PDFファイル/245KB]

   記入例 [PDFファイル/98KB]
・助成金の振込先口座を登録する書類です。
・既に登録されている方は,登録情報に変更がない限り,提出は不要です。

(5) 院外処方の領収書
・福山市不育症治療費助成申請に係る証明書の「院外処方の有無」が「有」の場合は,院外処方に要した費用も対象です。自己負担額に合算する場合は,薬局が発行した領収書が必要です。

(6) 戸籍(全部事項証明書)
・夫婦が別世帯の場合,事実婚関係にある場合,治療開始日に福山市に住民票がない場合に必要です。

 ※事実婚関係にある夫婦の場合,両人の戸籍(全部事項証明書)が必要です

(7)事実婚関係に関する申立書

・申請前に健康推進課へお問い合わせください。

 

※ 申請者の状況に応じて,これ以外の書類を求める場合があります。

7 助成の決定

・申請書類を審査した後,結果を郵便で通知します。
・助成決定となった場合は,申請受理日から2か月程度で,指定の銀行口座に助成金を振り込みます。

8 年齢の考え方

毎年,助成対象検査・治療を受けた日の初日における妻の年齢が43歳未満であることが助成要件の一部です。
※ 誕生日を加齢日とします。

年齢の考え方

9 医療機関向け情報

証明書を発行していただく医療機関においては,こちらの情報をご覧ください。 
証明書作成に関する留意事項(医療機関用) [PDFファイル/192KB]
福山市不育症治療費助成申請に係る証明書(両面) [PDFファイル/179KB]

10 その他

・不育症について詳しくは「不育症でお悩みの方へ」(市ホームページ)をご覧ください。

・広島県では,不育症に関する様々な相談にお応えするため,広島県不妊専門相談センター(ホームページ)を開設しています。

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


あんしん子育て応援ガイド