ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市子育て支援サイト > ヒトパピローマウイルス予防接種について(勧奨再開及びキャッチアップ接種)

本文

ヒトパピローマウイルス予防接種について(勧奨再開及びキャッチアップ接種)

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月1日更新

HPV(ヒトパピローマウイルス)予防接種とは

 HPV(ヒトパピローマウイルス)とは,子宮頸がんの原因と考えられているウイルスです。女性の多くが”一生に一度は感染する”といわれ,ほとんどの人は自然に消えるものですが,一部の人で子宮頸がんになってしまうことがあります。HPV(ヒトパピローマウイルス)予防接種により,ウイルスの感染を予防することができます。

これまでの経緯と今後の対応

 2013年6月から積極的接種勧奨が中止されてきましたが,最新の知見を踏まえ,接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められ,2022年4月から勧奨再開となります。

 HPVワクチン未接種の方は,体調が良いときに予防接種を受けましょう。

【参考】厚生労働省より [PDFファイル/168KB]

定期接種の内容

  • 定期接種対象者:小学校6年生~高校1年生相当年齢の女子
  • 接種回数:3回
  • 接種期間:高校1年生相当になる年度の3月31日まで(接種完了まで約6ヵ月必要,1年以内の接種完了が望ましい)
  • 費用:無料

  ↓福山市内のHPV(ヒトパピローマウイルス)予防接種実施協力医療機関一覧はこちら↓

  2022年度(令和4年度)HPV定期接種実施協力医療機関一覧表 [PDFファイル/104KB]

キャッチアップ接種について

キャッチアップ接種とは

 HPVワクチンの接種を逃した方に,接種の機会を提供するものです。

 対象者:1997年(平成9年)4月2日~2006年(平成18年)4月1日生まれで,過去にHPVワクチンを3回受けて
     いない女性
     ※平成18・19年度生まれの方は,通常の定期接種の年齢を超えても,2025年(令和7年)3月31日まで   
     接種可能です。

     【厚生労働省より】キャッチアップ接種に関するリーフレット [PDFファイル/2.71MB]

接種可能な時期について

  対象者は,2022年(令和4年)4月1日~2025年(令和7年)3月31日の期間で公費接種が可能です。

個別通知について

  対象者には,個別通知を2022年の秋ごろ送付予定です。(送付時期は,変動する可能性があります。)
 通知が届く前に接種することも可能ですので,キャッチアップ接種実施協力医療機関へご相談ください。

既に実費でHPVワクチンを接種した人への償還払いについて

 現段階では,実費でHPVワクチンを接種した人への償還払いの制度はありません。開始するか等を現在検討し  ています。償還払いの制度が開始する際は,こちらのホームページでお知らせします。

HPVワクチンに関するQ&A

Q. HPVワクチンの接種が不安です。

A. HPVワクチンに限らず,全てのワクチンの接種には,効果とリスクが伴います。まずは,HPVワクチン,子宮頸がんや子宮頸がん検診について,よく知っていただいたうえで,接種してください。

Q. HPVワクチンにはどんなリスクがありますか?

A. 副反応は,接種部位の痛み,腫れや赤みなどがあります。まれに,重い症状(アレルギーによる呼吸困難やじんましん等)が起こる可能性もあります。接種と因果関係が不明な症状や,短期間で回復した症状を含めて,接種後に重篤な症状として報告があったのは、ワクチンを受けた1万人あたり5人です。

Q. 接種後,副反応がでたらどうしたらいいですか?

A. まずは,接種された医療機関にご相談ください。治療が必要になったり,生活に支障のあるような健康被害が生じた場合には,予防接種法に基づく救済制度があります。

Q. HPVワクチンはどんな効果がありますか?

A. ワクチンの接種により,子宮頸がんを起こしやすいウイルスの感染を予防することができます。国や地域によって多少の相違がありますが,およそ半数から3分の2を占める16型,18型の予防が可能となります。少なくとも約4年間予防効果が維持できることが,これまでの研究でわかっています。

Q. ワクチンにはどんな違いがありますか?

A. 定期接種で承認されているワクチンは,現在2種類あります。どちらも,16型と18型のHPVの予防効果があります。ただし,既に感染したウイルスを排除したり,子宮頸がんや他の病変の進行を抑制する作用は認められていません。

◇サーバリックス(2価ワクチン)

16型と18型のHPVへの抗体価が高いと考えられるワクチンです。予防効果は,個人差がありますが,少なくとも4年~9年持続すると考えられています。

◇ガーダシル(4価ワクチン)

16型,18型だけでなく,6型及び11型(尖圭コンジローマ)のHPVも予防できるワクチンです。予防効果に関しては,3回接種後からの期間で11.9年(最大値は14年)と考えられています。

※1回目と異なるワクチンを2~3回目に接種することはできません。同じワクチンを3回接種してください。

Q. 生理前に接種しても効果はありますか?接種期間中に,妊娠したらどうしたらいいですか?

A. 生理前に接種しても効果はあります。また,妊娠中若しくは妊娠している可能性がある場合は,原則接種しないでください。(予防接種の有益性が危険性を上回ると判断した場合のみ接種可能です。)一旦接種を中断し,出産後に残りの接種を行ってください。

Q. 3回接種のうち,2回目,3回目の接種を忘れてしまったとき,どうしたらいいですか?

A. 3回接種することにより,確実な予防効果が得られるため,気づいた時点で接種を再開してください。定期の対象年齢を過ぎた場合も,3回の接種が望ましいです。

Q. 9価ワクチンのシルガードは,定期接種のワクチンではないのですか?

A.2020年7月に薬事承認されていますが,現時点で定期接種で使用できるワクチンではありません。将来定期接種として使用するか等の検討がされています。

☆子宮頸がんの予防で最も大切なことは,20歳以上になったら「1年に1度子宮頸がん検診を受けること」です。

【参考】厚生労働省ホームページ

☆問合せ先☆

(クリックすると地図が見れます)
 福山市保健所保健予防課         Tel 928-1127
 松永支所(松永保健福祉課)     Tel 930-0414
 北部支所(北部保健福祉課)     Tel 976-1231
 東部支所(東部保健福祉課)     Tel 940-2567
 神辺支所(神辺保健福祉課)     Tel 962-5055
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


あんしん子育て応援ガイド