ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 市民生活課 > 防犯カメラの適切な管理運用について

本文

防犯カメラの適切な管理運用について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月24日更新

 防犯カメラは犯罪の抑止や事件の解決に有用である一方で,使い方次第では個人のプライバシーを侵害するおそれがあります。管理運用に当たっては個人のプライバシーに十分に配慮してください。

 防犯カメラを管理する自治会等の皆様は下記の添付ファイルの「防犯カメラ設置及び利用に関するガイドライン」を参考として,防犯カメラの適切な管理運用をしてください。

【留意事項】

・団体の代表者が変更となった場合には,防犯カメラの管理者変更の届出が必要です。

・防犯カメラの正常な稼働のためには,定期的な保守点検を行うことを推奨します。

・設置場所により設置場所の管理者から占用許可を受けている場合には,許可の期限が

 過ぎる前に更新申請が必要となります。

   <添付ファイル>

参考様式をご活用ください。

   <参考様式>

ご不明な点はお問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)