ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

Uターン 廣岡さん

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月10日更新

Uターン 廣岡さん

廣岡さん

インタビュー見出し

廣岡 修一さん(30代)

Uターン

京都府 → 福山市沼隈

学んだことを地元で生かしたいと思い,Uターンしました。

10代後半、造園業のバイトに携わる機会がありまして。ものづくりも好きで、「戸外で仕事したい」と思っていたので「造園」って仕事に興味を持ちまして。熊本の学校で学び、京都で三千院などの庭でのメンテナンスを勉強し、岡山で今風の住宅の外観を行う会社に入りました。行く先々のまちで「腰を据えようか」と揺れ動いたこともありますが、やっぱり地元に愛着があり、せっかくなら学んだことを地元で生かしたいと思いまして。

丘の上のつるばらや

起業からばら専門の庭造りへ

2006年に「庭.Life露花」として起業しました。「福山ばら祭」の手伝いをきっかけに、ばらに対して可能性を強く感じましたね。
全国的にも人気の花で、愛好家も多いですし。ただちゃんと扱える業者が少ないんです。管理の知識は園芸店では難しいし、造園業者は花を扱うのが苦手。だったらこの二者の間で「ばら専門の庭造り」に特化しようと思いまして。ばらの苗などを販売する「丘の上のつるばらや」を2015年5月につくりました。60年以上前に建てられた木造校舎を改築したんですよ。

何もしなければここには誰も来ないから、この店をきっかけにいろんな人に来てほしいし、住んでほしい。そのためには仕事がないとダメだから、将来的には苗の生産など、「仕事」を作りたいですね。

丘の上のつるばらや
  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る