ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市子育て支援サイト > 子どもが大好き!空いた時間に何かお手伝いしたいな!

本文

子どもが大好き!空いた時間に何かお手伝いしたいな!

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年6月14日更新

協力会員の条件は?

・福山市在住
・子どもの預かり及び送迎ができる人
・援助活動に理解と熱意がある人(資格・経験・性別は問いません)ベビーシッターではなく,有償のボランティア活動です。
※援助や子育てに役立つ内容の講習会があります。「救命講習」と「事故防止講習」を受講しましょう。安全な援助活動のため積極的に参加をお願いします。日程は,予定表をご覧ください。

現在活動中の協力会員の声

★入会のきっかけは?

・他県でファミ・サポを利用した時に協力会員に本当に助けて頂いたので,今度は,自分も恩返しの気持ちで子育て中のママの役に立ちたいと思い入会しました。

・私と同じようなしんどさを感じながら子育てをする人を「1人じゃないよ」「頼ってもいいんだよ」と感じてほしかったので何かお手伝いができたらと思い入会しました。

・近年の子育て環境を見て核家族化により,親の支援のない状況で子育てに悩む人の支援をしたいと思って入会しました。

 

★援助をしての思いや感想

・1対1の関わりは楽しく癒されます。恩返しのつもりが,自分が助けられている面もあります。初めは報酬を頂くのが少し抵抗がありましたが,家庭に入りこみ過ぎずにいい関係が保てるのだと思います。

・私は,両方会員として入会しました。我が子も一緒に遊べるのでお互い良い刺激になっています。

・大事なお子さんを預かるのは,緊張したり,気を使ったりもするけれど,自分がお手伝いすることで安心して仕事できたり,リフレッシュしてもらえたりできると思えばやりがいを感じます。

・つかず離れずの関係を築くように努めてきました。お預かりしたお子さんが,成長した姿に感動します。

・家庭によっては,深刻な悩みを抱えて子育てをされている方もおられます。ただ寄り添っていければ…。と思いながら活動をしています。

・家族が協力してくれて,大家族のように過ごさせてもらっています。幼いお子さんと触れ合える機会が持てたことが,何よりうれしいです。

・子どもが自分の顔を覚えてくれて名まえを呼んでくれたり,お子さんの成長した姿を見ると感動します

 

協力会員よくある質問

Q.「預かる場所はどこですか?」

A.預かる場所は,基本協力会員の自宅になりますが,場合によっては,保護者在宅中を条件に,依頼会員宅で行う事もあります。依頼内容によっては,自宅以外での援助をお願いすることもあるので,ご相談させてください。

Q.「子どもを乗せての運転は,不安です。預かりのみの援助でも大丈夫ですか?」

A.はい大丈夫です。ご自分のあいた時間にできることをお手伝いしてください。

Q.「複数の子どもを同時に預かることはありますか?」

A.複数預かる場合は,兄弟姉妹に限ります。

Q.「協力会員の体調不良等によりキャンセルする場合はキャンセル料はどうなるの?」

A.料金は発生しませんが,事前に体調が悪い時は,依頼会員とセンターへご連絡ください。


両方会員も大歓迎!(依頼もするが,協力もできる人は両方会員として登録できます)※自分のできる範囲でできる援助をお手伝いしてください!

福山市ファミリー・サポートセンター事業の活動には登録が必要です!

◇入会に必要なもの 会員になるおとな(保護者)の証明写真を2枚(3cm×2cm4mm)
※入会説明(30分程度)入会金・年会費は無料です。

援助中にけがなど何かあったらどうしよう?

会員相互の万一の事故に備えて、補償保険に加入しています。会員になると自動的に「サービス提供会員傷害保険」「賠償責任保険」「依頼傷害子ども傷害保険」の3つの保険に加入することになります。※保険料は無料です。

報酬について

〇平日(月曜日~金曜日)午前7時30分~午後7時 1時間600円
〇上記以外の時間・土曜日・日曜日・祝日・年末年始 1時間700円
※その他に改めて料金として,交通費,食事代などがあります。報酬は,援助終了後,協力会員がセンター規定の報告書に記入し,依頼会員から直接受け取ります。※報告書用紙はセンターが準備します。

活動の様子 会員だより「いっぽ」より 援助風景など掲載されています。

講習会・交流会について(会員対象)

会員対象に講習会交流会を開催しています。講習会では、お子さんを安全に預かるうえで必要な知識・技術を学んでいただきます。交流会は、会員の顔合わせの場、意見交流会の場になるようにおとなも子どもも楽しめる内容となっています。

講習会・交流会の予定表はこちら!2022年度講習会・交流会の予定です。(要予約)都合により,変更する場合がありますので問い合わせをお願いいたします。

4月28日(木曜日)の講習会の様子 「知っていますか?防災対策!」~身近な物が防災グッズへ~

講師に防災士の佐藤千代子さんをお迎えして地震に対する10の備えや,災害時に役立つグッズの紹介がありました。「災害は本当にいつ起こるかわからないので,ついつい後回しにしているが,万が一の備えや家の備蓄など見直そうと思います。」と参加者より感想がありました。命を守るためにも防災の意識は常にもっていたいと改めて思える内容でした。

講座の様子防災グッズ講座の様子1

 

5月12日(木曜日)「子育てのワンポイントアドバイス~乳幼児期の関わり方~」

講話を聞いた参加者より「まだまだ先かと思っていましたが,ねんねのときから実践できることを教えて頂きました。家でもやってみようと思いました。」「おしっこをする子どもの感覚のことまで考えられていなかったので気持ちよくできるよう声かけしていこうと思います。」等感想がありました。

講座の様子1

6月2日(木曜日)「乳幼児救命救急法」

赤十字の指導員を講師に「乳幼児救命救急法」の実技及び誤飲した時の対処法や熱中症予防について詳しく学びました。参加者からも「以前同じ内容を学んだが忘れている事が多くくり返し学ぶことが大事と認識しました。」と感想がありました。

講習会の様子講習会の様子1講習会の様子2

6月17日(金曜日)「身近な物でおもちゃづくり~みんなで話そうおしゃべり会~」

牛乳パックと紙コップを使い音の出るおもちゃを作りました。上手に動かすと「パカパカ」と馬の足音に聞こえます。久々に手作りのおもちゃを制作できて楽しかったです。と参加者も喜ばれていました。後半はファミサポや子育てについての意見交流を行いました。

おもちゃづくりおもちゃづくり1
「パカパカおうま」     「ケロケロカエル」

7月6日(水曜日)「今から間に合う防災対策」

4メートルのロープを使い,パラコードブレスレットを編みました。編んだロープをほどくと1本の紐になり,いろんな使い方ができます。また,バックルには,笛や火打石・カッターなどの機能がついており,防災時に役立ちます。その後,クイズ形式の防災カードを使っていざという時の身の守り方を学びました。

講習会の様子講習会の様子1防災グッズ
                                 「パラコードブレスレット」

 

ファミリー・サポート・センターでは,新しくプチ預かりを始めました!詳しくはチラシをご覧ください!

問い合わせ

〒720-8512
広島県福山市元町1-1
天満屋福山店8階
(ふくやま子育て応援センター 「キッズコム」内)
Tel(084)932-7285
Fax(084)928-8618
開館時間:10時~18時
休館日 月曜日(祝日の場合翌日)・年末年始
入会受付:火曜日~土曜日(祝日除く)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


あんしん子育て応援ガイド