ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保健予防課 > 新型コロナウイルス感染症陽性となられた方へ

本文

新型コロナウイルス感染症陽性となられた方へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2023年2月3日更新

陽性となられた方への連絡について

 これまで医師が検査等により新型コロナウイルス感染症と診断した方は,全数把握の対象でしたが,9月26日以降に診断された場合は,届出の対象者が次の4区分に該当する方に限られます。
 本市では,届出対象以外の方も含め,診断された方全員にSMS(ショートメッセージ)にて連絡します。

届出対象の方

 届出対象の方には,SMSに加えて保健所から電話連絡を行います。

対象者

(1)65歳以上の方
(2)入院を要する方
(3)重症化リスクがあり,かつ
   ・新型コロナウイルス感染症治療薬の投与が必要な方
   または
   ・新型コロナウイルス感染症により新たに酸素投与が必要な方
(4)妊娠している方

お問い合わせ先

詳細は,電話連絡の際にお伝えしますので,しばらくお待ちください。
保健所からの電話連絡があるまでは,保健予防課(084-928-1127)へお問い合わせください。

上記以外の方

  保健所からの電話連絡は,行いません。SMS(ショートメッセージ)を送信しますので,ご確認ください。

対象者

 ・上記(1)~(4)以外の方

お問い合わせ先

 ・宿泊療養の希望,自宅療養セットの希望,療養期間の確認など
  電話番号:084-928-3424
  受付時間:8時30分~20時00分

 ・健康相談について
  電話番号:050-2018-5812
  受付時間:24時間対応

※現在,感染者の増加に伴い電話がつながりにくい場合があります。
 皆様には大変ご迷惑をおかけしますが,ご了承ください。

 

療養期間について

 療養期間は,症状の有無によって変わります。
 具体的な期間については,以下を参考にしてください。

診断時に症状があった方,最初は無症状であったが療養期間中に発症した方

 発症日から7日間経過し,かつ,症状軽快後24時間を経過した場合に,療養期間が終了します。
 ただし,10日間が経過するまでは,感染リスクが残存することから,検温など自身による健康状態の確認や,高齢者等ハイリスク者との接触,ハイリスク施設への不要不急の訪問,感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること,マスクを着用すること等,自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。
​ ※症状軽快とは,解熱剤を使用せずに解熱しており,呼吸器症状が改善傾向にあることをいいます。

療養期間の確認はこちら [PDFファイル/364KB]

 

無症状の方

 陽性となった検査の検体を採取した日から7日間経過した場合に,療養期間が終了します。
 ※5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には,5日間経過後(6日目)に解除が可能となります。ただし,7日間が経過するまでは,感染リスクが残存することから,検温など自身による健康状態の確認や,高齢者等ハイリスク者との接触,ハイリスク施設への不要不急の訪問,感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること,マスクを着用すること等,自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

療養期間の確認はこちら [PDFファイル/332KB]

療養期間中の外出について

 療養期間中であっても食料品等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことが可能です。 
 対象の方は,以下の留意点を確認いただき,行動してください。

【対象者】
・有症状の場合で症状軽快から24時間経過した方
・無症状の方

【留意点】
・外出時や人と接する際は短時間とすること。
・移動時は公共交通機関を使わないこと。
・外出時や人と接する際に必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防行動をとること。

濃厚接触者について

 濃厚接触者の待期期間や定義等については,本市ホームページに掲載していますので,ご確認ください。

自宅で療養される方へ

 自宅療養される方は,こちらのしおりをご覧ください。

自宅療養のしおり [PDFファイル/1.63MB]

 体調が悪化した場合は,かかりつけ医や検査を受けた医療機関を受診してください。
 また,電話・オンライン診療可能な医療機関を広島県ホームページに掲載しています。

自宅療養中の健康観察について

 届出対象の方については,毎日の健康観察を実施します。詳細は,保健所からの電話連絡時に説明します。
 それ以外の方については,ご自身で健康観察をしていただき,症状に不安がある場合は,かかりつけ医やオンライン診療可能な医療機関等へご相談ください。

ホテルで療養される方へ

施設の基本的な用品(無料で使用可能)

ホテルの居室に準備している用品は次のとおりです。
・布団,まくら
・シャンプー,コンディショナー,ボディソープ(またはせっけん),ティッシュ,トイレットペーパー,スリッパ
・テレビ,冷蔵庫,Wi-Fi,ドライヤー,湯沸かしケトル
・体温計,パルスオキシメーター

皆さまにお持ちいただく日用品

・保険証 ・現金(お帰りの際の交通費等)
・おくすり手帳や薬局で渡されたお薬の説明書
・携帯電話やスマートフォン(任意)
・衣類(パジャマ,下着,部屋着,防寒着など)
・タオル類(バスタオルやフェイスタオル各2~3枚)
・洗濯用洗剤,洗濯ばさみ等 必要に応じてピンチ等(洗濯は宿泊者自身に居室にて手洗いしていただきます)
・歯ブラシ,歯磨き粉,髭剃り,くし,コップ
・マスク
・ご家族連れで入所される場合は,お子様のお気に入りのおもちゃなど
・その他必要なもの(常備薬,筆記用具,眼鏡)など
・必要な飲食物(ビン,缶持ち込み不可)。アルコール類禁止

薬の準備

・服用中のお薬や目薬,貼り薬,塗り薬,常備薬(頭痛薬や便秘薬など)がある場合は,7日分程度ご準備ください。
・宿泊療養中に薬が不足する場合には,電話等により,かかりつけ医に相談し,処方していただくようお願いします。

費用

・宿泊費用及び食費について,療養者の個人負担はありません。
・新型コロナウイルス感染症とは関係のない薬の処方を受けた場合,自己負担が発生します。

入院療養をされる方へ

入院中の医療費

新型コロナウイルス陽性と診断された以降の入院医療費については,医療保険を適用し,自己負担額を公費で負担します。原則,自己負担額はありません。

公費負担の対象となる費用

新型コロナウイルス感染症の治療に係る入院中の費用が対象です(食事療養費を含む)。

公費負担の対象とならない費用

個室代,リネン代,おむつ代などは対象となりません。
また,新型コロナウイルスの感染性がなくなり,転院や大部屋への移動をされた場合,転院・移動後の入院は対象となりません。

公費負担の申請方法

入院した病院を通じて,公費負担申請書を保健所に提出してください。詳しくは入院した医療機関にお問い合わせください。

 

療養期間の証明について

 詳細は,以下に記載しておりますので,ご確認ください。

更新情報

2022年12月13日 「自宅療養のしおり」を更新
2022年10月21日 「陽性になられた方への連絡について」を更新
2022年10月12日 「陽性になられた方への連絡について」を更新
2022年10月1日 「陽性になられた方への連絡について」を更新
2022年9月26日 「陽性になられた方への連絡について」,「自宅で療養される方へ」,「療養期間の証明について」を更新
2022年9月17日 「自宅療養のしおり」を更新
2022年9月8日 「療養期間について」を更新「療養期間中の外出自粛について」を追加
2022年8月31日 「陽性になられた方への連絡について」を追加
2022年7月4日 「2022年7月2日に発生した電波障害について」を更新
2022年3月31日 「自宅療養のしおり」「就業制限対象者非該当確認請求書」を更新
2022年2月24日 「自宅療養のしおり」を更新
2021年12月22日 「入院療養をされる方へ」を追加

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)