ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

食中毒に気をつけましょう!

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月15日更新
 

食中毒に気をつけましょう!

book食中毒って何?のページへリンク
矢印(食中毒の種類・症状・予防方法について)

 食中毒とは…

 食中毒の原因となる「細菌」や「ウイルス」が付着した食品や,「有毒・有害な物質」が含まれた食品を「食べる」ことによって,腹痛・下痢などの「健康被害が起こる」ことです。
 食中毒の大部分は「細菌」によるものです。
 食中毒予防の3原則を守り、食中毒を予防しましょう。

 もし,腹痛,下痢,発熱など体に異常があるときは,医師の診察を受けましょう。

食中毒予防の3原則のページへリンク食中毒菌の繁殖と温度

ばい菌のイメージ

食中毒菌を…
 1 つけない!
 2 ふやさない!
 3 やっつける!

温度計の図

家庭での食事が原因の食中毒も多く発生しています。
そこで,家庭でできる「食中毒の予防方法」をご紹介します。

家庭でできる6つのポイント

1 買い物をするとき

  消費期限などをよく確認して購入し,温度管理が必要なものは早く持ち帰る。

2 食品を保存するとき

  冷蔵庫は10℃以下,冷凍庫は-15℃以下で保存し,詰めすぎないように。

3 下準備のとき

  生の肉・魚・卵を取り扱った後は,必ず手洗いをし,包丁・まな板・ふきんなどの台所用品は,使った後すぐに洗剤と流水でよく洗うこと。

4 調理のとき

  調理の前は必ず手洗いをして,食品を冷蔵庫から出したら早く調理し,加熱調理する場合は中心までしっかり火を通す。

5 食事のとき

  調理した食品は,室温で長く置かないで,早めに食べる。

6 食品が残ったとき

  残った食品は,速く冷えるように容器に小分けをして冷蔵庫で保存する。
  食べるときは再加熱をし,怪しいなと思ったら思い切って捨てる!

詳しく知りたい方は…

○ 食中毒・食品監視関連情報(厚生労働省ホームページにリンク)
○ 家庭でできる食中毒予防の6つのポイント(広島県ホームページにリンク)

関連ページ

○ 食肉の食中毒に気をつけましょう!
○ 大量調理施設衛生管理マニュアル(PDFファイル)(厚生労働省ホームページにリンク)
○ ノロウイルスに気をつけてください!

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)