ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

償却資産の申告について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月1日更新

償却資産の申告について

 福山市内に償却資産を所有されている方は,地方税法第383条の規定に基づき,賦課期日(毎年1月1日)現在お持ちの資産を1月31日(法定申告期限)までに申告していただくことになっています。

 なお,お持ちになっている資産の評価額(課税標準額)が150万円未満になると予想される場合でも,申告する必要がございますので御注意ください。

 また,前年中に資産の増減のない方,休業・廃業・移転等で資産がなくなった方も申告が必要ですので,申告書へ記載の上ご提出ください。

電子申告(エルタックス)での受付も行っております

 地方税ポータルシステム(eLTAX:以下「エルタックス」という。)とは,地方公共団体が運営する地方税の総合窓口です。

 福山市では,申告手続きにおける納税者の利便性の向上を図るため,全国の地方公共団体で組織する「(一社)地方税電子化協議会」が運営するエルタックスを利用して,固定資産税(償却資産)の申告手続きについて,インターネットによる申告の受付を行っています。

個人番号及び法人番号の記載が必要です

 2016年度(平成28年度)から,償却資産の申告書へ「3 個人番号または法人番号」の欄が新たに設けられ,個人番号または法人番号の記載が必要になります。


 個人事業主の方は12桁の個人番号を,法人は13桁の法人番号をそれぞれ記載してください。
 ※個人番号を記載する場合には左側を1文字空けて記載してください。

実地調査についてのお願い

 福山市では,地方税法第408条の規定に基づいて,実地調査・簡易調査(固定資産台帳を郵送していただく調査)を行っています。その際にはご協力をお願いいたします。

 また,調査に追加申告をお願いすることがあります。この場合の課税は,取得年次に応じて遡及することもありますので,あらかじめご了承ください。

関連ページはこちら